2017年06月18日

冴羽諒介

時間ってすごく価値あるものだから大事にしようって話。

2017年06月18日

冴羽諒介


どうも。

シャンプーソムリエの冴羽です。

今回は時間のお話。


時間とはすべてのものに唯一平等に与えられてるもの。

時間とは最も価値のあるものだと思っている。

時間があるからお金を稼げる。

時間があるから恋愛できる。

時間があるから家族サービスできる。

時間があるから遊ぶことができる。

時間があるからのんびりできる。

でも時間は1日に24時間と決まっている。1週間は7日と決まっている。一ヶ月は30日と決まっている。一年は365日と決まっている。

故に僕は時間の無駄使いがキライである。

先日こんな話があった。

ブローのチェックを受けに行ったけど、チェック以前にウィッグのカットラインがダメだったからブローウィッグのカットをし直してもらいました。

なんだそれはと。

そんな状態でのチェックが合格するはずもなければ完全に無駄とは言わないがチェックを合格するにおいては限りなく無駄な練習を2週間くらいしていたのである。

さらにチェックのつもりできた先輩にウィッグのカットをする時間も与えてしまったのてす。

僕は常日頃から言っています。

チェックに一発合格できるレベルにないならチェックを受けるな。と。

サロンによって違うのですがうちのようにチェック日というものがとくに定まっていなく、自己申告で受けれるサロンというのはチェックを受けるということはチェックをする先輩の時間を使っているということ。もちろん自分の時間も。

だいたい1時間くらいですかね?

1時間早く家に帰れたらなにができますか?

中には家族のいるスタッフもいます。

1時間早く家に帰れたら子供が寝るまでに遊べるかもしれない。奥さんの負担を少しでも減らすことができるかもしれない。

自分の趣味ができるかもしれない。

自分勝手に人の時間を犯していい権利などない。

全然合格レベルにない場合、それはチェックではなくただの練習です。そんなものは自主練でいいのです。

僕はこう言いました。

もうそんなことならチェック度にお金払えば?と。まぁこれは極論にはなるのですが、、

多分、見てくれて当たり前。人の時間を使ってるという感覚がないんだと思う。だからお金で時間を買うということをしてみたら同じ1時間の練習でももっと実りあるものになるのではないかな?と思う。

うちの会社はみんな優しいですからね。そんな制度はできないでしょうけど。

まぁもちろん成長してもらわないといけないから見るのが当たり前なんですけど。

それはもちろん踏まえた上で、です。

自分たちも先輩たちに見てきてもらったように見るべきだ。

そんなことはわかっている。

しかしながらただ同じ歴史を繰り返していていいのだろうか?そのせいで美容師は拘束時間が長いだの時間効率が悪いだのと言われてるのではないだろうか?

僕は教育やってないのでこうやって自由に発言できるのですが、僕ならチェックに合格するレベルにないのにチェック受けに来たら途中で止めて練習し直す要点だけ伝えて速攻帰りますね。あとはもう次のチェックやどうしても見てほしい時以外はLINEとかでのやり取りですね。これなら色々やりながらできますから。

文面だけ見ると冷たく感じるかもしれませんが、僕は時間の無駄使いがキライだ。だから時間の無駄使いをさせるのもキライだ。

我々はお客様の時間を使わせていただいている。

だからこそ時間に対してシビアな思考を植え付けることは優先すべき課題であると思う。

また、仕事ばっかしてる人の話はつまんない。

だから、無駄な時間を限りなくなくしてもっとたくさん遊んでたくさん仕事して、たくさんいろんな経験をしたらいいのにってすごく思う。

僕は未だに自分がそうしたい。だから時間の無駄使いがキライなのである。

と、自分への戒めのためもありますが。。

自分の時間も人の時間も、もっと大事にしないとですね。

それでは。




いつまでも、
どんな時も、
笑顔になれる美容室canoe yamaguchi(カノエ山口)

山口県山口市矢原町6-1

ご予約はこちら➡ 083-902-2255